日々感じた事や学んだことについて!

mitsulog

資格

司法試験・予備試験のおすすめ予備校は現受講生からみて絶対これです

更新日:

今回は、司法試験・司法予備試験のおすすめの予備校について紹介します。

いざ、司法試験の勉強を始めようと思ってもどこの予備校にすべきか、わからないと思います。

ちなみに、独学も考えてる人はよっぽどじゃない限りおすすめしません。

その理由も最後の方で説明しています。

それでは、司法試験の予備校について解説していきます。

司法試験・司法予備試験のおすすめの予備校について

今回は、司法試験・司法予備試験のおすすめの予備校について紹介していきます。

他のサイトでもいくつかこういう記事を書いているサイトありますが、ほとんどは実際に受講していない人や司法試験・予備試験の勉強をしたことがない人が書いている記事なので要注意

実は昨年、私の親友が司法予備試験+司法試験に合格しました

その親友の影響や色々な理由があり、私も本格的に司法予備試験と司法試験を目指すことにしたのですが、予備校を自分自身で選ぶことは非常に難しいですよね。

なぜなら、勉強する前の段階からどこの予備校が良いかなんて、自分自身でわかるはずありません。

その点、私は親友が実際に司法試験に合格していたので非常に恵まれていました。

親友から聞くことで、最もベストな予備校をすんなり選ぶことができたからです。

今回は同じように司法試験の予備校選びで悩んでいる方にも力になれるよう、ありのままに記事を書いていこうと思います。

まず、予備校についてはいくつかありますが、基本的には下記の2択で考えてオッケーだと思います。

その2つが、伊藤塾資格スクエア

私の親友もこの2つのどっちかで選ぶべき、と強調していました。

ざっくり特徴を紹介すると

伊藤塾の特徴

  • 受講形態は、通学および通信講座
  • 料金は、130万円~150万円(司法試験・司法予備試験共通)
  • 有名な大手予備校。合格実績も豊富。ボリュームもかなり細かくガッツリだが、やり切れば成績上位での合格が可能。校舎は、渋谷、高田馬場、立川、京都、大阪梅田。

 

資格スクエア

  • 受講形態は、通信講座のみ
  • 料金は、50万円~80万円(司法予備試験コースの価格。司法試験なら22万5千円)
  • 通信講座のみだが料金が安く圧倒的なコスパ。伊藤塾に比べ効率重視でやり切ればしっかり合格できる。また、授業内容だけでなく司法試験の勉強法から教えてくれる唯一の予備校。

ざっくり特徴を紹介するとこんな感じ。

料金はオプションなどによって少し上下するのと時期によっても多少変動しますが、大体はこんな感じです。

つまり、料金が高くてもいいからとにかく通学が良い、時間をかけて細かいところまでがっつりやりたい、こういった方には伊藤塾がおすすめ

ただし、校舎の数は渋谷、高田馬場、立川、京都、大阪梅田とそんなに多くないので、気をつけて下さい。

一方、通学する時間がないので通信講座で受けたい、料金は抑えたい、最短・最速で合格したい、勉強法から学びたい、という方は資格スクエアがおすすめ

ちなみに私は、ほとんど迷うことなく資格スクエアを選びました

私の親友も、もしもう一回自分が受けるとしたら、絶対資格スクエアにする、と断言していました。

私の親友は最初、資格スクエアの存在を知らなかったらしいのですが、これ知ってた人ずるい!とまで言ってました(笑)

実際に受講してみた感想としては、やはり間違いなかったです。

このあと、詳細に感想など書いていきますが、お金高くても良いからどうしても通学がいい、という人以外は資格スクエア1択でいいかなと個人的には思います。

まずは説明会に参加してみることを強くおすすめします。

司法試験・予備試験の勉強法や資格スクエアの特徴がわかりやすく理解できます。

また、説明会に参加してから申し込むことで受講割引や勉強法などを詳細に解説した冊子など10万円相当の特典が貰えます。
(下記の画像リンクから飛んだ資格スクエアのページから説明会の申し込みができます)

予備試験説明会

資格スクエアの特徴

資格スクエアについてもう少し細かく紹介します。

資格スクエアの良いところ

なぜ資格スクエアが良いのか、というと概ね下記の点になります。

①合格までの最短・超効率的な学習法
②勉強法の明確化
③圧倒的なコスパ

この3つに集約されるかなと思います。

①合格までの最短・超効率的な学習法

まず一番のメリットはこれです。

資格スクエアでは合格まで最短で超効率的な学習を考えて学習内容が作られています。

勉強するテキスト・内容などがロードマップで細かく指定されていますが、例えば予備試験であればすべてのカリキュラムを消化するために必要な期間は1年となっています。

一番大手の伊藤塾であれば全てのカリキュラム消化にかかる期間は2年です。

なぜこのような差があるのかというと、資格スクエアでは学習効率に対して徹底的にこだわっていて、勉強法について逆算合格術という勉強理論を確立しています。

逆算合格術とは、司法試験のデータ、合格者の意見などから最も効率の良い勉強法を生み出し、無駄のない学習プランを実践することです。

例えば司法予備試験を例にとると、論文試験が一番のヤマとされていますが、必然的に論文対策に一番重きを置いた学習プランになっています。

例えば扱う論点なども、重要度の高いものに厳選しており、これらをしっかりおさえていれば必ず合格できるものに絞られています。

司法試験を少し勉強したことがある方ならわかると思いますが、論点などは内容によって重要度が存在します。

例えば、重要度をA、B、C、などに分けたとき(実際にはもっと細かい)、伊藤塾などはA~Cまで全てをやるイメージですが、資格スクエアでは重要なAとBだけに絞ってやるイメージです

この場合、全部やらなくていいの?と思う方もいると思いますが、AとBの論点さえしっかりできれば、合格することができます。

実際、論文の合格点は50点以下であり、半分の点数を取ることができれば受かっています。

満点を取りたい!というこだわりがない方であれば、このように絞ってやるほうが効率的なのは言うまでもありません。

資格スクエアはこのような効率的な学習を追求していることが一番の強みです

②勉強法の明確化

2つ目の特徴として、初学者でもスムーズに勉強ができるよう勉強法が明確化されています。

何をどういう順番で学習していけばいいかロードマップのようなものが用意されており、基本的にその通りやっていけば最短で効率よく学習ができるようになっています。

また、それぞれどんな意識でどこに注意して学習していけばいいかが詳細に説明されているので安心して勉強が進められます。

学習の流れ

学習の流れですが、最も難しい司法予備試験の合格を1800時間~2000時間で合格できるようにカリキュラムが組まれています。

司法予備試験では、憲法、刑法、民法、行政法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、と大きく7科目ありますが、資格スクエアではそれぞれの科目の学習の段階として、導入問期、基礎問Ⅰ期、基礎問Ⅱ期、過去問期、実力錬成期、と5段階になっています。

最初は導入問期から始まり、短答式試験までに基礎問Ⅰ期、基礎問Ⅱ期、過去問期までを終わらせます。

その後、民事実務、刑事実務、一般教養科目もやりつつ、それぞれの科目の実力錬成期を論文式試験までに終わらせます。

科目の流れとしては最初に、憲法、刑法、民法などとくに重要な科目について、基礎的な講義を進めていきます。

なぜかというと、これらの科目から勉強したほうが、そのあとの科目の学習の効率が上がるためです。

勉強する科目の順番もちゃんと考えられています。

最初の導入問期では、まずは講義の動画を見ていくのですがこの時、細かいところまでじっくり見ようとはせず、1.5倍速などで一気に見ていくのがポイントです。

最初はわからないところもたくさんあると思いますが、それで大丈夫です。

全体の2~3割わかればオッケーです。

どんどん講義を視聴していきます。

なぜかというと、法律の勉強というのは、全体をまずは理解してから細部を細かく見ていくほうが効率が良いからです。

なので、資格スクエアではまずはどんどん講義を見ていくことを推奨しています。

講義を見たら、その都度それに対応した論点の簡単な穴埋め問題と論文問題を解いていきます。

こうしてアウトプットをその都度していくことで知識の定着をはかります。

これをまずは繰り返していくイメージです。

導入問期が終わると、その後は問題を解いていくのがメインになります。

論文対策が司法試験のヤマなので、資格スクエアでは論文を130本以上書く事も重視しています。

細かい内容は割愛しますが、このように資格スクエアでは効率を重視した質の高い勉強を実践しています。

③圧倒的なコスパ

料金については、資格スクエアは圧倒的なコスパを誇っています

まず、ロースクールなどを出て司法試験のみの方であれば、司法試験講座が225,000円で受けられます。

一方、司法予備試験講座については、プランが3つあります。

プラン 内容 価格
独学プラン こちらは基本的なプランで教材とオンライン講義動画の視聴がセットになったプラン 498,000円(税抜)
逆算プラン 独学プランに加え、問題添削や答練がついたプラン 798,000円(税抜)
逆算プレミアム 逆算プランに加え、月2回テレビ電話にて質問可能なプラン 898,000円(税抜)

ここはもう好みで選んで下さい。

逆算プランが一番スタンダードとなってはいますが、とにかく安くおさえたい人は独学プランでもいいと思います。

独学プランにした後、添削や答練をあとでつけて逆算プランと同じ内容にすることもできるみたいです。
(初めから逆算プランにするよりは少し高くなるとは思いますが)

ちなみに私は独学プランにしました

クレジットカードで24回払いなどにすると月々2万~3万くらいでオッケーなので、ものすごく安いです。

伊藤塾をはじめ、その他の予備校は大体130万~150万円くらいはしますから、税込50万円ちょっとでこれだけの講義を受講できるのはありがたすぎます。

私はスクエア一択って感じでした(笑)

予備試験説明会

講義内容について

講義内容についてももの凄く良いです。

動画についても先生が非常にわかりやすく、重要なところがうまくまとまっています。

高野先生と吉野先生がメインの講師ですが、どちらもLECや伊藤塾など大手予備校で10年以上やっているようなベテラン講師の方です。

私は知らなかったですが、吉野先生は司法試験受験生の中でもとくに人気で、凄く有名な方みたいですね。

テキストなどもカラーで非常に見やすくなっています。

また、勉強法に力を入れているだけあって、問題集なども素晴らしいです。

論文問題ができるよう、一番最初のうちは重要な論点の簡単な事例について、最初は試験によくでる重要な部分の穴埋め式の問題になっており、その後で同じ内容の論文を1から書いてみる。

そして、だんだん後の方になってくると、実際の試験レベルに近づけた論文問題をどんどん解いていく、というように初めからアウトプットを重視した勉強法となっています。

はじめのうちから問題に触れることで、どういうことを意識しながら講義を見て勉強していけばいいのか、一番のヤマである論文試験ではどういう能力が必要なのか、を初期のころから意識して勉強することができます。

また、勉強した内容を記憶に定着させる一番の方法は、アウトプットを繰り返すことです。

その点でも、資格スクエアの勉強法は素晴らしいなと感じました。

私の友達は初めから資格スクエアを使っていれば、絶対もう2年早く合格できた!って言ってました(笑)

オンライン学習

あとはオンライン学習。

司法試験のオンライン学習や勉強法について圧倒的な強みを持っています。

オンライン学習については、システムが非常に優れていて、講義動画の倍速指定を細かく設定できたり、動画の横のレジェメをメモ帳のように書き込みができたり、わからない条文などにはリンクがついていてそこを押せば、詳細画面に飛んだりもできます。

また、わからないところは質問を書き込めば、回答がもらえるので非常に学習がしやすいです。

私もこのオンラインシステムを最初目にしたときは驚きました。

こんな優れたオンライン学習システムを使っているところは見たことがありません。

大手の伊藤塾について

一方伊藤塾を選ぶべき人はどんな人でしょうか?

資格スクエアと比較した場合の、伊藤塾の特徴を上げておきます。

①歴史ある大手・合格実績豊富
②通学して授業を受けられる
③細かいところまで隅々勉強したい

こういったところが特徴として挙げられると思います。

デメリットとしては、料金がスクエアと比較して高いところですね。

スクエアは50万円ほどで受講できますが、伊藤塾は130万円~150万円ほどかかります。

あとは「③細かいところまで隅々勉強したい」というのが、逆に言うと合格までの期間が長期化します。

そういったところを受け入れられるのであれば伊藤塾もありです。

伊藤塾の公式サイト

①歴史ある大手・合格実績豊富

伊藤塾は司法試験受験の業界でも一番大手で有名です。

合格実績も豊富なのでここは安心材料になると思います。

②通学して授業を受けられる

これはスクエアとの大きな違いですが校舎があり通学で授業が受けられます。

モチベーション維持などはしやすいかもしれません。

ただし校舎の場所が渋谷、高田馬場、立川、京都、大阪梅田のみなので注意

通学するのに時間がかかって勉強時間が減っては本末転倒です。

③細かいところまで隅々勉強したい

こういう性格の人には伊藤塾は向いてるかもしれません。

前のほうでも少し説明しましたが論点の重要度(A、B、C)に分けたとき、資格スクエアでは合格に必要なAとBなどに絞ってやるイメージですが、伊藤塾はA~Cまで全てをやるイメージです

実際、合格するためにはAとBさえやれば十分ですが、細かくやりたい方にはおすすめです。

ただし合格するまでの期間が長期化してしまうのは言うまでもありません

その他の司法試験・司法予備試験の予備校比較

伊藤塾や資格スクエア以外にも、LECやアガルートなどいくつかあります。

予備校においては大別すると①質を重視するより短期でとにかく合格を目指すタイプ②じっくり時間をかけて勉強していくタイプと様々あります。

イメージとしては、BEXA→アガルート→資格スクエア→辰巳法律研究所→レック(LEC)→伊藤塾という印象。

(アガルートは一番短時間、伊藤塾は一番じっくり)

ただ、私の親友も言っていた通り、内容・コスパを考えたときに、そもそも検討の余地があるのは伊藤塾と資格スクエアしかありませんでした

逆に、この2つと比較したときに、この2つ以外の予備校を選ぶ理由がなかった、といったほうがわかりやすいかもしれません。

なので、私の司法試験の予備校選びは親友の存在もあって迷うことなくいい選択ができました。

一応各予備校の特徴をあげておきます。

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーは、2015年1月に開設されたオンライン予備校です。

費用面では予備試験が

  • オプションなし:593,600円
  • 通信指導(週1の通信指導):1,174,600円
  • ラウンジ指導(週1のラウンジ指導):1,223,600円

司法試験が

  • 司法試験インプットカリキュラム:約311,300円
  • 司法試験アウトプットカリキュラム:約471,900円

となっています。

費用面やオンライン講座など資格スクエアに比較的似ている形態であり、全体的に見てアガルートも決して悪くはないかなと思います。

ただし講義内容の掘り下げ方としては資格スクエアより若干浅いかなという印象。

講師の面々など総合的に考慮して資格スクエアよりあえてこちらを選ぶ理由がないようには思えます。

アガルートの公式サイト

LEC東京リーガルマインド

LECは他の資格などでも予備校としての名前自体は聞いたことがあるかなと思います。

司法試験に限らず様々な資格の予備校として大手で有名です。

費用面では

  • 1年スピードマスターコース:978,150円(税込)~
  • 1.5年合格コース:1,102,870円(税込)~

と大手だからか高いかな、という印象。

大手の予備校として色んな資格を扱っているので司法試験に強いのか?は疑問が残るところ。

LEC東京リーガルマインドの公式サイト

BEXA

BEXAの特徴としては自分の好みや課題に合わせて講義・講師を選ぶことができるところです。

予備校は通常利用するテキスト、担当の講師などはあらかじめ決められていることがほとんどです。

なので自分の好きな講師や科目、内容に合わせて単発的に受講することもできます。

ただし全体的な特徴としては、じっくり理解重視で深くやるというより試験に受かることに特化し理論はあまり深堀しない印象です。

BEXAはメインの予備校として利用するというよりは、苦手な分野などの単発的な利用として活用するほうがあってる気がします。

BEXAの公式サイト

辰巳法律研究所

辰已法律研究所は、老舗の司法試験予備校です。

理論など学習の深堀具合としては、スクエアなどよりはやや深く伊藤塾よりは浅めの印象。

費用面では

  • 予備試験専願ハイスピードスキーム:約506,900円(税込)
  • 予備試験スタンダードスキーム:774,000円(税込)

となっています。

校舎などが近くにある場合には選択肢に入るかも。

辰巳法律研究所の公式サイト

通信講座・オンライン講座でおすすめの予備校は?

これはもう資格スクエア一択かなと思います。

理由については散々上記で説明したきた通りなので割愛します。

質・値段ともに文句なし。

司法予備試験・司法試験の通信講座でおすすめは?

通学でおすすめの予備校は?

通学がいいという人は、伊藤塾でいいでしょう。

大手の実績で安心です。

ただし校舎の数は以外と少ないので気をつけましょう。

あと料金は高いです。

司法試験・予備試験の費用・料金(値段)で比較!学費が安いところは?

料金についてはみなさんが気になるところだと思います。

ここでは代表的な予備校の料金をあげておきます。
大体ここらへんの予備校さえ把握しておけばよいでしょう。

ちなみに私のおすすめは資格スクエアです。

価格・質ともに一番です。

■予備試験

予備校 コース 料金
資格スクエア 独学プラン 498,000円
逆算プラン(添削、答練付き) 798,000円
逆算プレミアム(添削、答練、月2回テレビ電話付き) 898,000円
アガルート オプションなし 593,600円
通信指導(週1の通信指導) 1,174,600円
ラウンジ指導(週1のラウンジ指導) 1,223,600円
伊藤塾 パックによりけり 1,200,000円~1,500,000円
LEC 1年合格コース 1,102,870円

 

■司法試験

予備校 コース 料金
資格スクエア 司法試験 秒速・完全パック2021 204,546円
アガルート 司法試験インプット+アウトプットカリキュラム 283,000+429,000円
伊藤塾 司法試験本科生(フル) 560,000円

司法試験・予備試験を社会人から目指すには

司法試験と予備試験を社会人で目指す人も少なくはないでしょう。

そういう私も普段仕事をしながら予備試験の勉強をしています。

社会人が目指す場合はとにかく勉強する時間がないので徹底的な効率化と時間の確保が重要です。

事実、司法試験の合格者の半分以上は大学生受験生です。

そうなってくるといかに少ない時間で勉強を効率的にこなしていけるか?にかかっているので、通信講座やオンラインでの学習が向いていると思います。

平日は一日3時間、休日は5時間くらいのペースで合格を目指していきましょう。

私の感じたことを含め下記の記事で詳しく紹介しています。

司法試験予備試験合格を社会人受験生が予備校使って目指すブログ

司法試験・司法予備試験は予備校に行かない(独学)のもアリ?予備校の必要性について

最後に、司法試験・予備試験を受ける上で予備校に行かないという選択肢も視野に入れている人もいるかもしれません。

実は私も独学が好きなタイプで、今まで大学受験や資格の勉強(6つくらい資格取りました)などそのほとんどを独学でやってきました。

やはりお金もかからないですし、独学でも全然自分としては良いからです。

しかし、結果として私は予備校を選びました。

なぜなら、早く司法試験に受かるため

これにつきます。

当然のことながら司法試験は長丁場です。

簡単な資格であれば、参考書を読んでもある程度理解できるし予備校に通おうが独学しようがそこまで時間に差はつかないかもしれません。

しかし司法試験の場合は合格までに多くの時間を必要とするので、いかに無駄な勉強を削ぎ落し効率よくやるかでかかる時間にかなり差が出ると考えたからです。

下手したら2,3年余計にかかる可能性もあります。

また、司法試験のような論文などもある特殊な試験だと、勉強方法が全くわからないので、独学だとどう勉強していいかわからないです。

しかも、私がおすすめした資格スクエアなどでは重要な論点に絞って勉強することができるので、非常に効率が良いです。

独学だと、何が重要かとは全くわかりませんから、、、。

それらを考慮すると合格までに必要な時間を短縮できるというメリットと費用がかかるというデメリットを考えたときに予備校を使うべきなのは言うまでもありません

私の友達も、初めから予備校に行っていれば、絶対もう2年早く受かってた!って言ってました(笑)

そう考えると、絶対に予備校を利用すべきだと思います。

弁護士になってしまえば、50万円程度のお金なんて一瞬で返せますから(笑)

まとめ:コスパと効率を考えたら資格スクエアがおすすめ

結論はこれです。

司法試験を目指している人は、資格スクエアで勉強しましょう。

どうしても通学がいい!という人は伊藤塾もありです。

とにかく、予備校選びに時間をかけすぎず、一刻も早く勉強を開始しましょう。

みなさんの司法試験合格を祈っています。

以上

司法予備試験・司法試験の通信講座でおすすめは?間違いなくこれです

-資格
-

Copyright© mitsulog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.