ジャンル 歌手

顔出しなし歌手オーディションでおすすめは?受けて良かったものを紹介

投稿日:

顔出しなしの歌手オーディションはあるの?

顔出しなし歌手オーディションでおすすめのものを知りたい!

今この記事を読んでいる方はそう思っているのではないでしょうか?

今回はそんな方にぴったりの記事を書きました。

おすすめの顔出しなし歌手オーディションと顔出しなし歌手オーディションのメリットやデメリットについて書いていきたいと思います。

顔出しなしの歌手オーディションなんてあるの?

歌手オーディションについて、顔出しなしのものなんてあるのか、ということですが、数は少ないですがあります。

歌手に限らず特に日本の芸能界では容姿がとても重要なので、歌手でもオーディションで顔を見せることは基本的には必須です。

しかし、中には顔出しなしで歌声の録音音源のみでオーディションOKなものもあります。

今回はそれを紹介していきます。

顔出しなし歌手オーディションでおすすめは?

顔出しなしの歌手オーディションで一番おすすめのものは下記のオーディション。

このオーディションは顔出しあり(対面)・なし(リモート)両方ありますが、顔出しありなし関係なくめっちゃおすすめのオーディションです。

 

MUSIC PLANET

 

まずオーディション自体はリモートオーディションと対面オーディションの2つがあり、リモートオーディションであれば録音した音声データを送るだけでいいので顔出しなしでOKです。

 

歌手オーディション応募

 

そしてこのオーディションがおすすめの理由として書類審査なしで、AAAの「恋音と雨空」を作詞・作曲した方や、ゴスペラーズ・三浦大知・BoA・JUNNAなどの有名アーティストを手がけた超有名プロデューサー達が個別に審査してくれます

 

音楽プロデューサー

音楽プロデューサー

 

そして合格者には、オリジナルの楽曲制作、ボイストレーニング、オリジナル楽曲のカラオケ配信、ApplemusicやSpotifyなどでの楽曲配信、LIVE出演サポート、オリジナルWEBサイト、ライブハウス利用し放題、など様々な特典もあります

 

MUSICPLANETサポート

MUSICPLANETサポート

 

さらに参加者の中から、TokyoFM、FM大阪、FMFUKUOKA、northwaveへの出演のチャンスも。

実際に全国デビューした方やサマソニ出演者の方も出ています。

もちろん参加費も無料でリモート参加もOKみたいなので、地方の人でも参加できます。

現在、毎月200名以上の人が参加しているオーディションで、応募枠に限りがあるみたいなので、ちょっとでも興味がある人は必ず受けた方が良いと思います

ちなみに、私が芸能活動を行っていて一番大事だと感じたことはとにかくオーディションに参加してみること。

仮にオーディションの結果がダメだったとしても、その経験が必ず次に繋がります。

失うものはありません。

その積み重ねがいつか歌手デビューのきっかけになるので、ためらわずに参加してみて下さい。

ここで一歩踏み出すかどうかで自分の歌手デビューの可能性が決まると思いますので

MUSIC PLANET

 

ミュージックプラネットの評判や口コミは?最終合格者の私が語ります

顔出しなし歌手オーディションの流れ

顔出しなしの歌手オーディションの流れについてはオーディションにもよりますが、概ね上記で説明した通りの流れが一般的だと思います。

まず、1.オーディションに応募2.歌声を録音3.録音した音声データを送信します。

そしてそれをもとに審査が行われ、結果が発表されるという流れです。

顔出しなしであれば服装や髪型など外見を気にする必要はないのですぐに応募ができますし、録音なので自分が満足いくまでやり直せます。

自分が完璧だと思えるまで妥協せず録音しなおし、最高の歌声を送りましょう。

顔出しなし歌手オーディションのメリット

顔出しなしの歌手オーディションのメリットについて解説していきます。

オーディション自体の数は少ないですが、顔を出さないことによっていくつかの利点があります。

人によっては顔を出すよりもチャンスがあるかもしれません。

個人が特定されない

まず大きなメリットとしては個人が特定されないことが挙げられます。

クローズドなオーディションなら問題ありませんが、現在ではライブ配信サイトなどを利用した公開オーディションも数多く行われています。

そういったオーディションでは親や友達に発見される可能性があります。

いずれは知られることですが、オーディションの段階で知られてしまうのってちょっと恥ずかしいですよね。

顔出しなしの配信なら誰かに知られることもなくこっそりオーディションを受けることができます。

歌唱力のみで勝負できる

歌手に大事なのはもちろん歌唱力ですが、どうしてもルックスも重要視されます。

歌には自信があるけど、ルックスにはあまり自信がないという人でも顔出しなし歌手オーディションなら勝負できます

単純に歌唱力だけでのオーディションになるので、相当な実力がなければなかなか受かりません。

それでもルックス関係なく勝負できるのは顔出しなしオーディションの大きな利点でしょう。

歌声から想像力を膨らませられる(人物イメージなど)

通常のオーディションと違い顔を見ることができないので、聞き手は歌手の顔を想像しながら歌を聞くことになります。

人は謎に惹かれる生き物なので、どうしてもあなたの顔を想像せずにはいられないのです。

それを利用して自分のイメージをプロデュースすることができます

実際の自分とは関係なく、自分が本当になりたい歌手のイメージでオーディションに臨むことができるでしょう。

流行っている

現在、顔出しなしの歌手は非常にポピュラーとなっています。

少し前だったら顔出しなしの歌手なんて考えられませんでしたが、今では普通に受け入れられています。

それどころか顔を出しなしというミステリアスな設定がより人を惹きつけることも多いです

今後どうなっていくかはわかりませんが、今顔出しなしオーディションは熱いです

プロの作曲家からの楽曲提供が特典のオーディションもあるので、チャレンジするなら今でしょう。

顔出しなし歌手オーディションのデメリット

顔出しなし歌手オーディションにはいくつかのデメリットがあります。

顔を出さないことでオーディションへのハードルが低くなっていますが、デメリットもありますのでしっかりと把握しておきましょう。

オーディションの数が少ない

そもそもですが顔出しなし歌手オーディションの数が少ないことはデメリットになるでしょう。

現在多くの顔出しなしのアーティストが活躍していますが、それでもオーディションは顔出しありがスタンダード。

顔出しなしのアーティストもオーディションよりもyoutubeなどの動画サイトでブレイクすることが多いです。

開催数が限られており狭き門となっているので、少ないチャンスを活かす必要があります。

歌唱力が要求される

顔出しなしであればルックス関係なくオーディションで勝負することができます。

しかし裏を返せば、それだけ歌唱力が要求されるということでもあります。

通常のオーディションはルックスや若さ、将来性、性格などを総合的に判断して合否が決まります。

ところが顔出しなしだと純粋な歌唱力の勝負になるので、歌唱力がそれなりにないと合格するのが難しくなります。

容姿で勝負できない

歌手にはルックスの良さもある程度必要です。

もしあなたがルックスに自信があるのなら、顔出しありのオーディションの方が有利に働きます。

歌手のオーディションにおいてルックスはそれなりに重要視されるのが現実です。

というのも歌唱力はある程度改善や向上が期待できるものの、ルックスというのはなかなか変えるのが難しいものだからです。

もしルックスに自信があるなら、堂々とルックスを武器にして顔出しありのオーディションに臨みましょう。

まとめ:まずは受けてみるべき

顔出しなしの歌手オーディションであれば、気軽に受けることもできますしリスクもほとんどありません。

まずは積極的にオーディションを受けてみましょう。

歌手になるために一番大事なことはとにかくオーディションを色々受けてみる事。

結果は気にする必要ありません。

とにかく受けてみることで可能性が出てきます。

気になった方はぜひ一度受けてみて下さい。

MUSIC PLANET

 

歌手になるには?これから歌手を目指す人にわかりやすく解説します

歌手オーディションの初心者が注意すべきポイントとは?受かる人の特徴

-ジャンル, 歌手
-,

Copyright© 芸能デビューNavi , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.