俳優・女優

30代から俳優として成功する方法!30代で俳優の私が解説します

投稿日:

この記事を見ている方は30代から俳優になりたい、と少なからず心の中で思っている方だと思います。

ただ30代から俳優として成功することはできるのだろうか、そんなことをして無理だったら人生どうなってしまうんだろう、、、そんな不安がよぎると思います。

私自信も30代で俳優をやっている身として、ドラマや映画など俳優としてこれまで様々な作品に出演させていただきました。

そんな私が感じた30代から俳優として成功するために大事だと思ったことを書いていきます。

30代から俳優になることは可能なのか

まず、30代から俳優になることは可能なのか?ということについてですが、30代から俳優になることは可能です

なぜかというと、俳優というのはドラマにしても映画にしてもどの年代の俳優も必要なわけですが、俳優業界において20代よりも30代の層は空席だらけだからです。

理由としては、30代になると俳優として成功していなければやめていってしまう人が大量に出ます。

つまり競争率という意味では20代よりも圧倒的に低くなるのです。

もちろんすでに俳優として食べていけている人は30代となっても続けていますが、それ以外の人は大半がやめていきます。

厳しい世界である反面、逆にチャンスでもあります。

実際に30代から売れていった俳優はたくさんおり、斎藤工さんは20代をほとんどアルバイトをしながらの下積みに費やしています。

また滝藤賢一さんも映像作品として出演し始めたのは32歳ごろからです。

私自身も実際に俳優のお仕事をやってみて、30代の役はたくさんありますし自分がその役のイメージに当てはまっていればキャスティングされることは全然あり得ます。

もちろん選ばれるためには最低限の演技力や役のイメージにマッチしていることが大事ですが。

このように30代から俳優として成功することは十分可能であると言えます。

30代から俳優として成功するには

では早速、30代から俳優として成功するために私自信がこれまでの俳優としての経験をもとに感じたことを書いていきます。

まず、一つ目は一日でも早く芸能事務所に所属し俳優としてのオーディションや仕事に参加すること

30代で年齢的なこともありますが、レッスンや養成所などに通うよりも早く仕事をして現場で経験を積んでいきながら演技などを学ぶべきです。

これは私自信も痛感したことですが、本番では監督の指示やその場の雰囲気、カメラ位置など色んなことを考慮しながら演技をしなければいけません。

私も最初はレッスンなどに通っていましたが、これらはいくらレッスンに通ってもなかなか身につけることができません。

なので仕事を通して演技力も含めて身につけていきましょう。

実際に今売れている俳優さんもレッスンなどに通ってからではなく現場で経験を積みながら売れていった方が多いです。

よってまずはいち早く芸能事務所に所属し俳優としての活動を開始しましょう。

ちなみにどこの芸能事務所が良いかは下記の記事で詳しく紹介しています。

おすすめの芸能事務所


次に、来た仕事は何でも引き受け可能性を広げること

芸能のお仕事を始めたころは何が自分に合っているか、どういった形で成功するかわかりません。

自分の可能性を広げるためにも色んなお仕事に挑戦しながら経験を積んでいきましょう。

最後に、俳優業に全てをささげること。

変に保険をかけたり他のことをせず、常に俳優になることを考えできることをやっていく。

これは自分も身に染みてわかりましたが、若いころは良くも悪くも他のことを考えず自分のやりたいことに一直線でした。

しかし年齢を重ねると将来への不安から保険をかけたり世間体を気にして諦めてしまったり、色んなことを考えてしまってやりたいことに集中できなくなってしまいます。

ただそれは自分の夢の達成をどんどん遠ざける結果になってしまいます。

他のことは考えず俳優をやることだけに集中する。

そのことが結果として成功につながります。

大丈夫です、仮に上手くいかなかったとしても挑戦せず諦めた人生よりは満足した人生が送れますから

30代から俳優を目指す強み

30代から俳優を目指していくことは厳しい道のりだとつい思ってしまいがちですが、30代から目指すことによる強みもあります。

まず一つ目は、社会経験が豊富であるということ。

これはもの凄く重要なことで、俳優の世界も仕事である以上あくまでビジネスです。

現場での振る舞いや何を求められているのか、人間関係などがわかっていると全然違います。

若いころは、自分のやりたいことと違うと反発してしまったり、振る舞い方や人脈形成の重要性などに気づかないことが多いですが、社会経験が豊富であればあるほどこういうことが分かってきます。

若いうちに売れてしまった俳優は、せっかく売れたのに問題を起こしてしまったりわがままになって仕事が来なくなったりすることは少なからずありますよね。

逆に社会のことが何もわからず売れてしまうより、そういうことがわかってから売れる方が良い場合も多いです。

そして次に、30代は俳優としての空席が多いことです。

これは前半部分でも少しお話しましたが、30歳くらいで俳優を諦めてしまうひとが多いので30代の俳優には空席が多いんです。

20代と比べて競争率はかなり低くなっている一方、30代の俳優は作品として必要なので逆にねらい目でもあります。

俳優に年齢は関係ありません。

成功を難しくしてしまうのは諦めてしまう自分の心です。

このように30代から俳優を目指すことの強みというのもたくさんあるので、ぜひ諦めずに頑張ってみてほしいと思います。

30代から俳優として成功した人

30代から売れていった俳優の方もたくさんいます。

その一部を紹介します。

西島秀俊

西島秀俊さんも遅咲きの俳優として有名で、芸能活動を始めたのは早かったですが当時所属していたナベプロと方向性の違いで移籍することになり26歳から31歳ごろまで民放への出演が禁止されていました。

しかしその間も人間として腐らず、毎日コンビニのおにぎりを握りしめながら毎日のように映画館に行っていたらしいです。

そこから見事に復活し今に至っています。

斎藤工

前の段落でも紹介しましたが、斎藤工さんも20代は長い下積みとアルバイト生活を経て俳優として成功されています。

斎藤工さんが話していましたが、それでも20代の間俳優を続けられたのは自分に自信があったわけでも自分の可能性を信じていたわけでもなく、30代になってみんな俳優を諦めていく中であえて自分は続けることで、その他大勢の人にならないつまりマジョリティにならないことを意識した結果、成功されたそうです。

つまりみんなと同じ判断をしていてはダメで、みんなが諦めるタイミングで自分は敢えて挑戦することで結果として競争率が下がり成功することにつながったんです。

滝藤賢一

滝藤さんも今では有名な俳優さんですが、33歳ごろまでは俳優では食べていけずアルバイトで生計を立てる生活だったそうです。

10年以上の下積みを経てそこまで頑張れた理由は、滝藤さんがもともと所属していた劇団の主宰の方に「自分を磨きなさい。君は40歳からが勝負だ」と言われその言葉を信じて我慢を続けていたそう。

その後、半沢直樹などの話題作に出演し一気に知名度を上げました。

まとめ:30代からでも俳優として成功することは全然可能

30代から俳優を目指すことは全然可能です。

そして何よりもやらなかった後悔はやってダメだった後悔よりもはるかに大きい。

これは私は社会人時代に講師の人から教わった言葉です。

当時20代前半だった私の心にとても響きました。

その後俳優を目指したことを今でも後悔していません。

みなさんもぜひ諦めずに悔いのない人生を送ってください。

-俳優・女優
-,

Copyright© mitsulog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.