お金や生活に関する情報をお届け

mitsublog

芸能

芸能界にスカウトされるコツや注意点など大手芸能事務所5年目の私が解説します

更新日:

芸能界にスカウトされるにはどうすればいいのでしょうか?

私も事務所に入る前はスカウトされるために原宿などをよく一人でぶらつきました(笑)

今回はスカウトされるコツや場所、注意点などについて紹介します。

芸能界にスカウトされるには?

芸能事務所にスカウトされるには、スカウトマンがよくいる場所で声をかけられる必要があります。

場所は原宿、渋谷などが多いですが詳しくは後ほど。

僕自身もスカウトは今まで何十社とされたことがあります。

スカウトされるには見た目が当然一番大事で、一番スカウトされやすいのは、ナチュラルで清楚な感じの美男美女です。

若い時はよく、男であれば髪をばっちりきめて眉毛を綺麗に整えて髪の色を少し染めて、女性であえば化粧をばっちりして髪もくるくる巻いて服装もオシャレして、みたいな感じをイメージしますが、よくある誤解(自分もそうだった)としては、自分がかっこいい・かわいいと思った見た目とスカウトマンが良いと思う見た目は全然違うと言うことです。

芸能界で売れる見た目(いわゆるスカウトマンが見ていいと思う見た目)は先ほども書いたようにナチュラルで清楚な感じの美男美女です。

なので男であれば髪は、黒く長すぎず清潔感のあるナチュラルな髪型、眉毛も整えすぎているよりはナチュラルな方が良いでしょう。

また服装もキメキメな感じよりは爽やかな服装の方がいいです。

女性も同じで厚化粧よりはナチュラルメイク、服装などもナチュラルにしましょう。

女子アナのような少しあか抜けた感じの雰囲気は避けたほうがいいと思います。

今売れている俳優女優を参考にしましょう。

これがとても大事です。

よく芸能事務所にスカウトされる場所

よくスカウトされる場所としては1番は原宿です。

原宿の竹下通り、GAP付近や明治神宮前駅あたりの坂道、表参道方面に向かう道なども定番です。

他には渋谷のハチ公前や表参道駅付近もいます。

ここら辺が定番ですが、その他にも横浜や池袋、新宿なども多少スカウトマンはいます。

スカウトされたい場合はまずは原宿駅から竹下通りを通って、明治神宮前駅方面に向かい、そこから坂道を上って原宿駅に戻ってくるルートや明治神宮前駅から表参道駅方面に向かうルートを歩きましょう。

一日3~5社くらいは狙えます。

芸能事務所にスカウトされた場合の注意点

運良くスカウトされた場合は必ず名刺をもらいましょう。

そして後で名刺を確認して後日連絡を取る形にしましょう。

なぜならスカウトで声をかけてくる芸能事務所の多くは弱小事務所が多いからです。

この記事を見ている人はおそらく大手の芸能事務所にスカウトされることを期待しているかと思いますが、声をかけてくる芸能事務所の9割は弱小事務所だと思ってください。

なので名刺をもらって後で事務所名をネットなどで検索できるようにしておきましょう。

弱小事務所の場合、事務所に所属しても売れないケースがほとんどです。

それだけならまだしも所属するのにお金がかかるケースも多いです。

写真撮影やプロフィール登録料等で50,000円から100,000円などかかる場合が多いです。

またエキストラのような仕事しかない芸能事務所も多くあります。

声をかけられたらこのような芸能事務所がほとんどだと思ってください。

そういう芸能事務所ほど熱心にスカウトをしています。

これらの芸能事務所に所属しても売れる事はほぼないため、無料ならまだしもお金を払って所属するのは絶対にやめましょう。

なぜ弱小の芸能事務所はダメなのか?

なぜ芸能事務所によって差があるのでしょうか?

大手芸能事務所に5年以上所属している私が感じたことをお伝えします。

まず芸能事務所に入ってから俳優、タレント、モデルなどそれぞれ売れたい方向性があるかと思いますが、芸能界で売れるためにはどういう風にすれば良いか知っていますか?

例えば俳優の場合であれば、ドラマや映画、舞台など様々ありますが、ドラマや映画などで活躍したいと思った場合事務所の力が必要になってきます。

なぜならあなたが、ただ単に芸能事務所に入っただけではドラマなどに出演する事は簡単にはできません。

深夜ドラマやセリフもないようなちょい役などは別として、ゴールデンタイムにやっているようなドラマなどでセリフのあるような役柄をもらうためにはある程度事務所の力が必要になってきます。

これらの役柄はオーディション等でキャスティングを募集するといったことがほとんどなく、事務所がいかにテレビ局や制作会社などに自身のタレントを売り込めるかが重要になってきます。

大手の芸能事務所はこの子を売り出したいと思った場合に、若いうちから積極的にテレビ局や制作会社などに自社のタレントを売り込み、ドラマなどに使ってもらえるようにします。

特に大手の芸能事務所の場合は、既に売れている大物俳優などが所属している場合が多いため、自社の芸能事務所に所属している俳優が出演などを務めているドラマでは、既につながりがあるためそこにまだ売れていない若手の俳優をキャスティングしてもらうことが容易にできます。

しかし弱小の芸能事務所であればそういった大物俳優が所属していることもなく、テレビ局や制作会社との関わりも薄いため自社のタレントを使ってもらうことが難しくなります。

これが芸能事務所が重要である理由です。

俳優はオーディションなので選ばれると思っている方が多いかもしれませんが、そうではありません。

もちろん深夜ドラマやネットドラマ、小さいドラマの役などであればオーディションで募集することもあります。

また自主制作映画や舞台などもそうです。

しかしゴールデンタイムでやっているようなドラマや全国放映の映画などでは重要な役をオーディションで取る事はほとんどありません。

なので芸能界で売れるためには大手の芸能事務所に入ることが重要なのです。

ただ誤解のないように言っておくと小さい事務所だからといって必ず売れないと言うわけではありません。

現に小さい事務所から売れた俳優等も多くいます。

ただそういったケースはその俳優自身がよっぽど監督の目に留まるようなルックスや演技力などを持っていた場合や自分でそういった監督などに気に入られたり、つながりがあってキャスティングされた場合などが多くケースとしてはかなり少ないです。

なので本気で売れたいのであれば弱小の芸能事務所ではなくなるべく大手の事務所に入ることを目指しましょう。

まとめ

今回は芸能事務所のスカウトについて紹介しました。

正直なところ、大手の芸能事務所のスカウトを狙って声をかけてもらうのはかなり現実的ではありません。

そもそも大手の場合は、スカウトのためにわざわざ外に出て声をかけるような活動はあまりしませんし、よっぽどあなた自身が目にとまる存在じゃないと声をかけてくれません。

なので、大手の主催するオーディションに参加したり、まずは今の自分が所属できる芸能事務所に所属して、芸能の仕事をしてみることから始めましょう。

-芸能

Copyright© mitsublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.